メーカーによる製剤の違い|知りたい情報が集まる|目の下のたるみを改善するだけで若返る

知りたい情報が集まる|目の下のたるみを改善するだけで若返る

婦人

メーカーによる製剤の違い

女性

注入する製剤の特徴

ヒアルロン酸治療を受ける時に必要な工夫の1つが、注入する製剤の特徴を把握しておくことです。製剤選びをお医者さんに任せっきりにしている患者さんもいらっしゃいます。けれど効き目が高く安全性抜群の製剤でヒアルロン酸治療を受けるためにも、ヒアルロン酸製剤について詳しくなっておいて損はありません。なぜなら、同じヒアルロン酸でも、製造メーカーと種類によって特徴にはかなり差があるからです。粒子のサイズや加工法も違うので、濃度や効き目の強さ、持続時間なども異なります。例えばシワを治療する時、深さや長さ、シワがあるポジションによっても最適なヒアルロン酸は違います。担当医とも相談しながら、最適なものを選ぶのが理想的です。

プリベールの基礎知識

ヒアルロン酸治療のリスクを最小限に抑えたいと考えている患者さんには、プリベールが人気です。ヒアルロン酸治療は他の整形術とは比べものにならないほどリスクが低いアプローチ方法ですが、多少腫れたり内出血が出る恐れはゼロではありません。その点、アメリカのメーカーが開発したプリベールは、柔軟性に徹底的にこだわって製造されています。注入後の腫れや内出血、赤みが起こるリスクを最小限に抑えることに成功しました。しかも水和性も極めて高いので、注入直後の膨らみがほぼ完成形になる特徴もあります。一般的なヒアルロン酸だと、打ってからしばらくして膨らみの程度が変動します。そのため、時間の経過と共に術後の状態と違いが出て、驚くこともあります。この製剤を使えばそういった心配もありませんので、安全性重視でリスクなくアンチエイジングしたい方にぴったりです。